fbpx
デザインリフォームならクラフトへ

ハウスメーカーの2×4住宅を増築 | デザインリフォームのクラフト

リフォーム・リノベーションデザイン事例 #00314 東京都
ツーバイフォー(2×4)二世帯フルリフォーム・ツーバイフォー(2×4)二世帯フルリノベーションデザイン事例 #00314
ツーバイフォー(2×4)二世帯フルリフォーム・ツーバイフォー(2×4)二世帯フルリノベーションデザイン事例 #00314
ツーバイフォー(2×4)二世帯フルリフォーム・ツーバイフォー(2×4)二世帯フルリノベーションデザイン事例 #00314
ツーバイフォー(2×4)二世帯フルリフォーム・ツーバイフォー(2×4)二世帯フルリノベーションデザイン事例 #00314
ツーバイフォー(2×4)二世帯フルリフォーム・ツーバイフォー(2×4)二世帯フルリノベーションデザイン事例 #00314
ツーバイフォー(2×4)二世帯フルリフォーム・ツーバイフォー(2×4)二世帯フルリノベーションデザイン事例 #00314
ツーバイフォー(2×4)二世帯フルリフォーム・ツーバイフォー(2×4)二世帯フルリノベーションデザイン事例 #00314
ツーバイフォー(2×4)二世帯フルリフォーム・ツーバイフォー(2×4)二世帯フルリノベーションデザイン事例 #00314

物件データ

所在地:東京都 / 家族構成:父+夫婦+子ども1人 / 築年数:26年 / リフォーム面積:130㎡ / 工期:5ヶ月 / 費用:3150万円
ハウスメーカーの2×4住宅を増築

お子さまが誕生し、奥さまのご実家で同居を検討していたIさん。タイミングよく隣に売り出された土地を買い、ご実家を増築することに。二世帯住宅にデザインリフォームしました。ハウスメーカーによる2×4(ツーバイフォー)住宅には、構造上移動できない壁も。そこで既存の間取りを活かしながら、ご希望の間取りに変えています。1階には共有玄関と、増築したお父さまの居住スペース・水まわり、2階は子世帯の居住スペース・水まわりをレイアウトして、ほどよく距離を保てるように。生活スタイルが違っていてもストレスになりにくい、部分分離型の二世帯住宅です。

新築時から性能を大きくアップ

行政に確認申請をし、増築することでスペースを拡大。ゆとりのある二世帯住宅にリフォームすることができました。このエリアは新築時は防火指定ではなかったものの、リフォーム時は「準防火地域」に変わっていたため、既存サッシをすべて防火サッシ+ペアガラスに変更しています。ペアガラスにすることで、冬はあたたかく、夏は涼しく過ごせるようになりました。

ツーバイフォー(2×4)二世帯フルリフォーム・ツーバイフォー(2×4)二世帯フルリノベーションデザイン事例 #00314

親と子が連なる外観

2×4(ツーバイフォー)住宅の増築の課題は、いかに既存と増築部分を自然につなげるか。そこで増築部分は、既存部分の切妻屋根とデザインを統一しています。こうすることで全体に統一感が生まれました。二棟をつなぐ1階は、壁を黒く塗装し、バルコニーを設けて親子がつながるイメージに。自然な連結を見せながら、新築のように美しく生まれ変わりました。

モダンなデザインに一新

ヨーロピアンなイメージの強かった外観は、出窓をフラットな窓に交換。余計な装飾をなくすと同時に、ダークブラウンの玄関のドアやタイルで引き締めてモダンな印象に変えています。玄関前が道路となっているため、窓は既存よりも小さくしました。縦長のスタイリッシュな窓は視線を遮りながらも、十分な採光を確保。開けると心地よい風も通り抜るようになりました。長年大切にしていた庭の樹を残し、さりげなく室内を目隠ししたこともポイントです。

ツーバイフォー(2×4)二世帯フルリフォーム・ツーバイフォー(2×4)二世帯フルリノベーションデザイン事例 #00314
ツーバイフォー(2×4)二世帯フルリフォーム・ツーバイフォー(2×4)二世帯フルリノベーションデザイン事例 #00314

外を感じるLDK

これまでリビングとダイニングが分かれており、狭くて窮屈でした。そこでダイニングをリビング側に移動し、ゆとりのある広さに。家族で明るく過ごせるよう、既存の庭に面した腰窓を、大きな掃き出し窓に変更。たっぷりと自然光が注ぎ、LDKで過ごしていると庭が視界の中に。いつも外の開放感を感じられるようになりました。フローリングには樺桜を採用。やさしい桜色でシンプルなインテリアに華やかさとぬくもりをもたらしています。

すっきりとしたオープンキッチン

独立型のキッチンは、オープンに変えて窓側に移動。もともとキッチンがあった右奥には、冷蔵庫や収納をレイアウトしました。キッチンにはあえて吊り戸棚を設けず、すっきりとさせて生活感をなくしています。収納の先は廊下〜パントリーへと続いており、料理中も移動がスムーズ。奥さまの家事効率に配慮して計画しました。ご夫婦のご希望で、キッチンとカウンター収納にはダークブラウンを採用。明るい木とのコントラストがモダンな印象を与えています。

ツーバイフォー(2×4)二世帯フルリフォーム・ツーバイフォー(2×4)二世帯フルリノベーションデザイン事例 #00314
ツーバイフォー(2×4)二世帯フルリフォーム・ツーバイフォー(2×4)二世帯フルリノベーションデザイン事例 #00314

コレクションを飾る書斎

2階子世帯の寝室には、ご主人さまの書斎スペースを設けました。WICと収納の間の凹んだスペースに書斎を配置し、ユニットのように仕上げています。たくさんのコレクションをお持ちだったことから、ディスプレイスペースも設置。ショーケースの背面にはミラーを入れ、スポットライトを当てて飾ったものの状態がよく見えるように。大量の本を収納するため、上下には収納をたっぷりと確保。仕事はもちろん、読書や趣味などを思いっきりたのしめる、ご主さまの特別な空間となっています。

気配が伝わる共用玄関

親子共有の玄関スペース。廊下の先はお父さまの居住スペースに続いています。帰宅した子世帯の気配が伝わる距離で、安心感も。二世帯の靴をしまうことから、玄関のシューズボックスに加えて廊下の納戸にも靴収納を確保。収納量にゆとりを持たせています。玄関には2つの丸窓を設け、その上から格子の扉をかぶせてデザイン性をアップ。丸窓を開けて玄関の通気性を高めることもできます。

ツーバイフォー(2×4)二世帯フルリフォーム・ツーバイフォー(2×4)二世帯フルリノベーションデザイン事例 #00314
ツーバイフォー(2×4)二世帯フルリフォーム・ツーバイフォー(2×4)二世帯フルリノベーションデザイン事例 #00314

既存を活かした格子の手すり

階段は既存の蹴込みやササラを白く塗装。状態のよい部分を活かしつつ、手すり壁に格子を取り入れて和モダンなアクセントとしました。玄関のイメージと統一するとともに、1階から同じ格子を続かせて連続性をアップ。格子部分には小物を飾ってたのしむこともできます。

洗濯物が見えないように

これまでは洗濯物が近隣に見えてしまうことが気になっていたため、洗濯物干し場を2階に移動。既存と増築の間の、日当たりのよい南側にバルコニーを設けました。縦格子の手すりで外部からの視線を目隠ししつつも、通風・採光を確保しています。洗濯機からのアクセスは良好で、家事の動線がよりスムーズになりました。

ツーバイフォー(2×4)二世帯フルリフォーム・ツーバイフォー(2×4)二世帯フルリノベーションデザイン事例 #00314
SHARE ON