fbpx
デザインリフォームならクラフトへ

ツーバイフォー(2×4)リフォーム ・リノベーション事例 | クラフト

“ツーバイフォー(2×4)リフォーム”
ツーバイフォー(2×4)住宅こそリフォーム向き

「ツーバイフォー(2×4)リフォームで、間取りを変えられますか?」と聞かれることがあります。一般的に「ツーバイフォー(2×4)住宅は「間取り変更が難しい」と言われていますが、構造や各ハウスメーカーの構法を理解することで、ご希望の間取りにすることは可能です。むしろ高品質のツーバイフォー(2×4)住宅こそ、リフォーム向き。ツーバイフォー(2×4)の実績の多いリフォーム会社に依頼しましょう。

“ツーバイフォー(2×4)リフォーム”のデザイン事例

ツーバイフォー(2×4)工法とは?

ツーバイフォー(2×4)は木造のひとつですが、同じ木造の在来工法とはまったく別物です。在来工法が柱と梁で構造躯体をつくり、その上から床や壁を仕上げているに対し、ツーバイフォー(2×4)工法は木材のパネルで床・壁・天井を構成しています。6面の箱で建物を支えるため地震や台風に強く、断熱性・機密性に優れていることも特徴。ただし壁自体が構造体なので、木造のように自由に壁を撤去することはできません。「ツーバイフォー(2×4)住宅は間取り変更がむずかしい」と言われるのはそのためです。日本での歴史がまだ浅く、リフォームのノウハウが少ないせいで対応できる会社が少ないのが現状。「ツーバイフォー(2×4)でも間取り変更できる」ことはあまり知られていません。

ツーバイフォー(2×4)住宅がリフォーム向きな理由  

プランニングしやすい

ツーバイフォー(2×4)住宅は、ハウスメーカーごとに工法ルールが定められています。と言うとリフォームがむずかしそうですが、実はその逆。道路標識のようにルールが明確に決まっているからこそ、構造を理解しやすく、リフォームのプランニングがスムーズになるのです。在来工法のように「壁の仕上げを剥がさないと、正確な柱の位置がわからない」という曖昧さがありません。

古くても問題なし

これからツーバイフォー(2×4)住宅を買う方は、「築年数」はそれほど気にしなくても大丈夫です。大地震が起こるたびに「もっと地震に強くならねば」と建築基準法が見直されてきましたが、これはすべて木造在来に限ること。もともと地震に強いツーバイフォー(2×4)住宅は関係ありません。在来工法のように「古いと耐震工事が必要になる」というデメリットがないのです。

高性能で品質が安定

ツーバイフォー(2×4)住宅のほとんどは、三井ホーム・住友不動産・セキスイハイム・三菱地所ホーム・住友林業・ミサワホームといった大手ハウスメーカーが手がけています。建築材を工場で大量生産のため品質が安定しており、耐震性・耐火性・断熱性・気密性ともに高いことがメリット。それを活かしてリフォームすれば、コストを抑えながら理想の住まいをつくることができます。

ツーバイフォー(2×4)リフォームのプランニング事例 -ダイニング・キッチン編-

閑静な住宅街にある築23年のツーバイフォー(2×4)住宅をリフォームしました。リビング・ダイニングとキッチンが分かれて窮屈な印象だったため、開口を広げて広々としたLDKに。構造計算のもと開口部をまぐさで補強し、強度を保っています。さらにリビング・ダイニングに面した窓も拡大し、自然光がたっぷりと注ぐように。ツーバイフォー(2×4)工法のルールを理解しながら壁と窓を大きく開口し、理想の広さと明るさをつくることができました。

ツーバイフォー(2×4)リフォームのプランニング事例 -リビング編-

30年前にハウスメーカーで建てたツーバイフォー(2×4)の二世帯住宅を、単世帯住宅にリフォームしました。日当たりのよい2階にLDKを設けるなど、ツーバイフォー(2×4)工法のルールに従って間取りを変更。パートナーの構造設計一級建築士に相談しながら、解体後に安全性を確認しつつ計画しています。壁をなくして構造補強を行い、天井を上げて開放感あふれるリビングに。綿密な構造計算と複雑なプランニングにより、大胆に間取り変更しています。

ツーバイフォー(2×4)リフォームの増築

ご実家のハウスメーカーのツーバイフォー(2×4)住宅。リフォームで増築して二世帯住宅にしました。「既存の建物と増築を自然につなげること」が重要なテーマ。そこで左の増築部分は、右の既存と同じ切妻屋根を取り入れています。2つの建物が美しく連結するよう、1Fは外壁を黒く塗装し、2Fにバルコニーをレイアウト。親子の建物ががごく自然に連なります。増築のメリットを活かすことで、適度な距離のある二世帯住宅としました。

ツーバイフォー(2×4)リフォーム会社の選び方

経験と知識のあるリフォーム 会社

ツーバイフォー(2×4)住宅を間取り変更する、各ハウスメーカーのルールを熟知している必要が。ツーバイフォー(2×4)住宅をリフォームしたことがない、もしくは実績が少ない会社はノウハウや知識の蓄積がなく、設計図を描けません。希望の間取りを伝えても「できません」と断られてしまうことも。ツーバイフォー(2×4)住宅はかならず、経験と知識のあるリフォーム会社に依頼しましょう。

プランのアイデアがあるリフォーム会社

ツーバイフォー(2×4)リフォームでは、構造上どうしても動かせない壁や下がり壁が残ってしまうことがあります。そのままだと邪魔な存在でしかないところ、「プラン」に活かすのがプロの仕事。下がり壁に空間をゾーニングする役割を持たせたり、壁に強度を保てる範囲でスリットを入れて視線の抜けをつくったり。ツーバイフォー(2×4)住宅の欠点をメリットに変えるアイデアを持つリフォーム会社を選びましょう。

ツーバイフォー(2×4)リフォームの費用の相場・目安について

ツーバイフォー(2×4)住宅のリフォーム費用は木造在来工法よりも1割ほど安いこともメリット。理由としては「材料の規格があるから材料費が安い」「構造部分が下地となるため下地作業の手間が省ける」からです。ただし間取り変更の内容・設備や仕様のグレードによっては費用が高額になってしまうため、ご希望に優先順位をつけてコストバランスを図りましょう。