デザインリフォームならクラフトへ

伸びやかなLDKでシンプルな暮らし | デザインリフォームのクラフト

リフォーム・リノベーションデザイン事例 #00326 東京都 江戸川区
スケルトンリフォーム・スケルトンリノベーションデザイン事例 #00326
スケルトンリフォーム・スケルトンリノベーションデザイン事例 #00326
スケルトンリフォーム・スケルトンリノベーションデザイン事例 #00326
スケルトンリフォーム・スケルトンリノベーションデザイン事例 #00326
スケルトンリフォーム・スケルトンリノベーションデザイン事例 #00326
スケルトンリフォーム・スケルトンリノベーションデザイン事例 #00326
スケルトンリフォーム・スケルトンリノベーションデザイン事例 #00326
スケルトンリフォーム・スケルトンリノベーションデザイン事例 #00326

物件データ

所在地:東京都 江戸川区 / 家族構成:夫婦+子ども2人 / 築年数:15年 / リフォーム面積:67㎡ / 工期:2.5ヶ月 / 費用:1625万円
伸びやかなLDKでシンプルな暮らし

お住まいのマンションをお好みの間取りとデザインにフルリフォーム。常識にとらわれない発想で、大きなワンルームのように開放的な空間に仕上げています。白をベースとしたシンプルかつ洗練されたデザインで、大人も子どもも伸びやかに暮らすことができるようになりました。部屋数を減らすことで面積を広げたLDKは、隣のWICや子ども部屋とひと続きとなっています。各部屋の引き戸を開け放てば、ワンルームのような大空間に変身。通気性と家事導線もアップしました。リビング・ダイニングとキッチンには、壁一面に収納を設け、生活感を見せない暮らしを可能に。配管をパントリーの天井と床下に集約し、梁に収納扉と同じ素材を張って存在感を抑え、白と黒でまとめたシンプルモダンな空間に仕上げています。

優先順位を明確にし、大きなLDKをつくるプランを実行。
家全体をつなげて広がりを

住まいに対するしっかりとした考えをお持ちで、空間構成の優先順位が明確だったYさん。おかげで、思いきった発想で大胆な空間をつくることができました。ほとんどの家庭に設ける、玄関ホールとLDKを仕切るドアをなくしたり、あえて寝室はつくらず、LDKを最大限に広げています。廊下の天井高はLDKと同じ高さに揃えて、LDK側から見たときにすっきりとした直線を描いて、広がりを感じるよう設計しています。お子さまの独立後も、夫婦で快適に暮らすことができるよう、常識にとらわれない空間構成を行いました。

スケルトンリフォーム・スケルトンリノベーションデザイン事例 #00326

キッチン

生活感を出さないため、また作業性を高めるために、壁一面にカウンターと吊り戸棚をつくりました。壁部分のアクセントクロスに、カウンターの清潔な白が映えます。換気ダクトの経路である天井のスペースに間接照明を入れて、水平のラインを印象づけることで、横の広がりを演出。キッチンは黒い扉に、白い人工大理石の天板を使用し、下部にアルミを張ることで空間に浮かんでいるような軽快さを感じさせています。

リビング・ダイニング

レンジフードに隣接したパントリーは、メンテナンスがしやすいように横長のライムストーン調タイルを張って仕上げました。AVボードの背面も同じタイルを張っていますが、パントリー側は碁盤の目のように張っているのに対し、AVボード側はレンガのようなリズムで張って、モダンな印象を与えています。同素材で空間にまとまりを持たせつつ、張り方を変えて変化を持たせました。

スケルトンリフォーム・スケルトンリノベーションデザイン事例 #00326
スケルトンリフォーム・スケルトンリノベーションデザイン事例 #00326

収納

リビングに続くWICは、引き違い扉を開けることで洋室やLDKと一体の空間にすることができ、出入りがスムーズに。さらに、リビングからの風が吹き込むようになり、通気性がアップしました。充分な広さを確保して、お持ちだった引き出しが収納できるように設計しています。

子ども部屋

リビングからWICを抜けた先に設けた子ども部屋には、デスクカウンターを造作しました。お手持ちの引き出しがぴたりと収まるサイズで設計しています。カウンターと一体の本棚には、辞書や教科書が収まります。エアコンの配管をきれいに隠蔽するために、隣の玄関ホールからの配管は、本棚の下部を通して子ども部屋に導くようにしました。

スケルトンリフォーム・スケルトンリノベーションデザイン事例 #00326
スケルトンリフォーム・スケルトンリノベーションデザイン事例 #00326

リビング・ダイニング

ちょうどキッチンカウンターの中央にパイプスペースがありますが、周囲と同じアクセントクロスを張って目立たないように工夫しました。天井のダウンライトのほか、PC作業用とディスプレイ用の間接照明も設置。やわらかく、あたたかみのある光をバランスよく配置してデザイン性を高め、リビング・ダイニングに溶け込ませています。

玄関

玄関ホールには、海外で購入されたお気に入りの絵画を飾ることができるように。絵画の魅力が冴えるようニッチを造作し、間接照明で照らしました。また、新たにシューズインクロゼットを設け、中に靴や鞄をしまう棚やコート掛けをつくりました。ちょっとした外出なら、玄関でさっと身支度を整えることができます。

スケルトンリフォーム・スケルトンリノベーションデザイン事例 #00326
スケルトンリフォーム・スケルトンリノベーションデザイン事例 #00326

扉をフラットに。
細部にこだわりシンプルさを追求

何年経っても飽きのこない洗練された空間になるよう、シンプルさを追求しました。そのこだわりは細部にまで及びます。キッチンの背面収納や建具、洗面台の収納といった家中の扉は、取っ手のないもので統一しました。フラットな表面で、さらに壁と同系色にすることで背景と一体化し、周囲のインテリアをいっそう引き立たせます。

湿気が溜まりやすいスペースには珪藻土

北側に位置する2つの洋室に、湿気が溜まりやすいことが問題点でした。そこで、1つの洋室は水まわりに変更し、もう1つの部屋と、新設したSICの壁と天井には、調湿機能のある珪藻土を塗りました。玄関ホールを含めて、それぞれの部屋の引き戸を開放すれば、ひと続きの空間となって家中を風が巡ります。

スケルトンリフォーム・スケルトンリノベーションデザイン事例 #00326
スケルトンリフォーム・スケルトンリノベーションデザイン事例 #00326

WICやSIC、パントリーを設けて清々しく

「LDKは生活感を見せずに暮らしたい」というご希望を叶えるために、リビング・ダイニングとキッチンの壁一面に収納をつくりました。キッチン内のパントリーは、冷蔵庫や家電製品を隠してすっきりとした印象に。さらに、WICやSICを新たに設けたことで、モノが目に触れることが少ない、すがすがしい空間を保ちやすくなりました。

SHARE ON