fbpx
デザインリフォームならクラフトへ

アートを感じさせる家 | デザインリフォームのクラフト

リフォーム・リノベーションデザイン事例 #16004 東京都 杉並区
高級マンションリフォーム・高級マンションリノベーションデザイン事例 #16004
高級マンションリフォーム・高級マンションリノベーションデザイン事例 #16004
高級マンションリフォーム・高級マンションリノベーションデザイン事例 #16004
高級マンションリフォーム・高級マンションリノベーションデザイン事例 #16004
高級マンションリフォーム・高級マンションリノベーションデザイン事例 #16004
高級マンションリフォーム・高級マンションリノベーションデザイン事例 #16004
高級マンションリフォーム・高級マンションリノベーションデザイン事例 #16004
高級マンションリフォーム・高級マンションリノベーションデザイン事例 #16004
高級マンションリフォーム・高級マンションリノベーションデザイン事例 #16004

物件データ

所在地:東京都 杉並区 / 家族構成: 夫婦+子ども2人+犬 / 築年数:8年 / リフォーム面積:135㎡ / 工期:4ヶ月 / 費用:-万円
アートを感じさせる家

2人のお子さまのうち1人が独立したのを機に、ご自宅マンションをクラフトでデザインリフォームすることにしたTさん。ご希望は「どこにもないようなオリジナリティのある住まい」です。広々としたリビングと開放的なキッチンに加え、サプライズのあるインテリアを念頭にいくつものリフォーム会社を検討した結果、デザイン的な期待に応えてくれそうなクラフトに依頼することにしました。クラフトからの提案は「ホテルのようにくつろげて、美術館のようにアーティスティックな住まい」。35帖に拡大したLDKには黒皮鉄や漆を塗った和紙といった個性的な素材を使用し、世界にひとつだけのTVボードを造作。空間のハイライトとしました。さらに煉瓦やローズウッド、大理石と、五感に訴えかける表情ゆたかな素材を重ね、見る人に高揚感を与えます。情緒ある光の陰影とエッジの効いた意匠は、ホテルのロビーでくつろぐような贅沢なひとときを演出します。

個性的な素材たちが
新鮮な驚きを誘う

玄関からLDKまでは大理石を、リビングには素足が心地よいフローリングを使用。静と動のスペースごとに、床材を貼り分けました。正面のTVボードは和紙や漆を使ってオリジナルで制作。その周囲にも、黒革鉄や大理石、特殊塗装にタイルといった個性的な素材を多用し、アート作品のように。水回りは大きく移動して一カ所にまとめ、南北に向けてLDKを拡大するプランを採用しました。端から端までが見通せる広々としたリビングには、光と風が心地よく通り抜けます。玄関に入った瞬間に新鮮な驚きを感じる、アーティスティックな住まいに仕上げました。

高級マンションリフォーム・高級マンションリノベーションデザイン事例 #16004

光沢ある大理石が美しいリビング

水回りを移動し、玄関からリビングにかけてのパブリックスペースを拡大。築年数が浅いため詳細が記載された建築図面が存在し、ダクト経路や配管を正しく把握できたことも、水回りの大きな移動を可能にした理由の1つです。さらに天井高を上げ、間接照明を設置して抜け感をプラス。床にはシックなグレーベージュの大理石を使用しました。光沢と趣のある大理石を玄関から連続させ、大人の雰囲気に。夜には照明の柔らかい光が映り込み、リビングの陰影がより深まります。

リビングを彩るアートな壁

和紙に漆を塗って垂らした、水墨画を思わせる扉。錆びた黒皮鉄による無垢材のフレームと、あえて塗りムラを残した特殊塗装の壁。職人のセンスと技術の高さを感じさせるTVボードは、オリジナルのデザインです。扉の下部には光をやさしく反射する水磨きの大理石を貼り、床の間のように仕上げています。その右手には素朴な土を思わせる煉瓦タイルのアクセントウォールを設け、漆と調和させました。一部にくり抜いたようなニッチを設けることで、キッチンとの境目を示す役割も兼ねています。壁一面を、リビングのハイライトとしました。

高級マンションリフォーム・高級マンションリノベーションデザイン事例 #16004
高級マンションリフォーム・高級マンションリノベーションデザイン事例 #16004

リビングとキッチンを
明るさでゾーニング

対面式のキッチン側は、白を基調とした明るいスペース。一方、リビング側はさまざまなテクスチャーが際立つ、シックなスペースに仕上げました。南北それぞれの窓から差し込む光の明るさが異なることに注目し、明るさでゾーニングしています。またリビングには幾何学模様が刻まれた足触りの良いフローリングを張り、リラックスする空間であることが視覚的に伝わるように。天井にはプロジェクターとスピーカー、正面には埋め込み式のスクリーンを設置しました。

サプライズのある玄関ホール

玄関のドアを開けた瞬間、リビングの壁が目に入るよう、エントランスホールの壁とドアにはガラスを採用。訪れた人にサプライズを与えます。さらに大理石の床と、ローズウッドの壁がガラスの先まで続き、伸びやかな空間を演出。また、大きなガラスの取っ手には、経年した風合いを醸すゴールドのポールを使用しています。左手のミラーと、ガラスの出入り口をごくわずかに斜めにレイアウトしたことでパースを強調し、より広いイメージに。玄関から一直線にLDKに続くようにしています。モダンさと伝統美が入り交じる玄関が、住まいを象徴しています。

高級マンションリフォーム・高級マンションリノベーションデザイン事例 #16004
高級マンションリフォーム・高級マンションリノベーションデザイン事例 #16004

白で統一した明るいキッチン

キッチンは奥さまのリクエストにより、クオーツ系の天板や白い鏡面扉を採用しました。壁は真っ白いビトロガラス。美しい光沢のある壁に自然光がやわらかく拡散し、キッチンを明るく見せてくれます。窓枠はスリムタイプに交換し、壁が四角く凹んでいるように演出。北側に大きく移動させ、広々としたスペースを確保。リビング・ダイニングと同じ空間にありながら、視覚効果により独立したようなキッチンに仕上げました。

落ち着いた雰囲気のトイレ

玄関からリビングへと続くローズウッドの壁の中に、来客も使用するためのトイレを設置。玄関と同じ大理石の床で連続性をもたせながら、壁にウォールナットを貼り、隠れた書斎のような雰囲気に。手洗い用のカウンターも壁と同じウォールナットで造作し、壁を凹ませたように仕上げています。またペーパーホルダーや水洗、便器は黒で統一。ライティングにこだわり、落ち着いた雰囲気にしています。

高級マンションリフォーム・高級マンションリノベーションデザイン事例 #16004
高級マンションリフォーム・高級マンションリノベーションデザイン事例 #16004

ミニマルなキッチン

スクエアな形状でエッジの効いたシンクは、クラフトの造作によるオリジナル。バイブレーションで仕上げ、シルバーの中にやわらかさを与えました。窓際の突き当り部分に設けた飾り棚は、ビトロガラスの内側に4mmの薄さで設けた板金製。シンプルで抜け感があり、キッチンのアイポイントとなっています。またMieleの食洗機とオーブン、GAGGENAUのコンロ、LIEBHERRの冷蔵庫など、ドイツの高機能で洗練されたデザインの家電をフラットに納め、ミニマルなキッチンとしました。

秋田杉に包まれた寝室

木のぬくもりをたっぷりと感じられる、ご夫婦の寝室。床には木目が強い無垢のウォールナットを、壁には上質な秋田杉を貼りました。木目の固い部分を残し柔らかい部分をブラシで削ることで木目の凹凸を強調した「浮造り加工」によって、秋田杉の美しさを際立たせています。木の質感を残しつつ黒く塗装し、モダンなイメージに。ベッドヘッドの両脇には鉄製のカウンターを造作。無骨になりすぎないよう、部分的にシャープなマテリアルを取り入れたこともポイントとなっています。

高級マンションリフォーム・高級マンションリノベーションデザイン事例 #16004
高級マンションリフォーム・高級マンションリノベーションデザイン事例 #16004

子ども部屋もクールに

お子さまの個室の床はブラックウォールナットのフローリング。天井と壁にはチャコールグレーとシルバーのクロスを貼り分け、メンズライクな印象に仕上げています。また天井高を上げて二段ベッドを造作し、独立したもう一人のお子さまが帰省した際にも休めるように。普段は上部のベッドで休み、下部スペースは本を読んだり音楽を聴いたりして過ごすことができます。本棚を造作したり、TVスペースや設けて壁に防音を施すなど、年頃のお子さまが過ごしやすい個室としました。

SHARE ON