デザインリフォームならクラフトへ

スケルトン階段をアイポイントに | デザインリフォームのクラフト

リフォーム・リノベーションデザイン事例 #00391 東京都 港区
鉄筋コンクリート(RC)造リフォーム・リノベーションデザイン事例_ホワイトモダンインテリア #00391
鉄筋コンクリート(RC)造リフォーム・リノベーションデザイン事例_ホワイトモダンインテリア #00391
鉄筋コンクリート(RC)造リフォーム・リノベーションデザイン事例_ホワイトモダンインテリア #00391
鉄筋コンクリート(RC)造リフォーム・リノベーションデザイン事例_ホワイトモダンインテリア #00391
鉄筋コンクリート(RC)造リフォーム・リノベーションデザイン事例_ホワイトモダンインテリア #00391
鉄筋コンクリート(RC)造リフォーム・リノベーションデザイン事例_ホワイトモダンインテリア #00391
鉄筋コンクリート(RC)造リフォーム・リノベーションデザイン事例_ホワイトモダンインテリア #00391

物件データ

所在地:東京都港区 / 家族構成:夫婦+子ども1人 / 築年数:30年 / リフォーム面積:104㎡ / 工期:3.5ヶ月 / 費用:2380万円
BEFORE
BEFORE
AFTER
AFTER
スケルトン階段をアイポイントに

ご実家のRCのビルのワンフロアで暮らしていたSさんご一家。お子さまの成長とともに手狭になってきたことから、お母さまが暮らす4・5階と住み替えることにしました。ご希望は、白を基調としたシンプルモダンのデザインと、ご家族3人がゆったりとくつろげるような伸びやかさ。そこで、既存の階段の位置を変更し、軽やかなスケルトン階段に。トップライトの光がたっぷりと注ぎ、奥まで視線が通り抜ける住まいに生まれ変わりました。階段を上ると、吹き抜けとつながる回廊のような廊下。階下のLDKを隅々まで見通すことができます。大きく間取りを変えることなく、階段の位置とデザインを変え、効果的にガラスを配し、視界をタテヨコに通すことによって、大きな開放感をもたらしました。

BEFORE写真

BEFORE
BEFORE
BEFORE
BEFORE

階段の位置を変え、
スチールのスケルトン階段にしたことで、開放的な住まいに

視界と光を遮る原因となっていた階段をLDKの隅に移動。さらにスチールのスケルトン階段につくり替えたことにより、トップライトから注ぐ光と視線が通り抜けるようになりました。ダイニングの吹き抜けと、上階の廊下がつながっているようなダイナミックな空間構成。縦にも横にも視界が抜け、圧倒的な開放感が生まれています。冷暖房効果を配慮して入れたドアや引き戸は、空間のつながりを保てるようにガラスを使用したこともポイントです。

鉄筋コンクリート(RC)造リフォーム・リノベーションデザイン事例_ホワイトモダンインテリア #00391

リビング・ダイニング

本来ならトップライトからたくさんの光が注ぐはずの吹き抜けですが、大きな階段室の壁によって光も視線も遮っていました。そこで、階段の位置を壁際に寄せて、スケルトンのスチール階段に一新。また玄関とLDKの間の壁をFIXガラスに替えたことで、縦横に視線と光が抜ける開放的な空間に生まれ変わりました。フローリングや壁のタイルも長手方向に張って、伸びやかさもアップ。

リビング

ダイニングの隣の洋室は、リビングに。吹き抜けのない天井がこもったような安心感を与えています。ご希望の“白い空間”を実現するためにフローリングはホワイトアッシュに。ダイニングとの間の壁の一部には半透明のFIXガラスを配し、おだやかなつながりを演出。冷暖房効果を高めるために設けた引き戸は、普段は開放したままに。住まい全体の大らかなつながりを意識しています。

鉄筋コンクリート(RC)造リフォーム・リノベーションデザイン事例_ホワイトモダンインテリア #00391
鉄筋コンクリート(RC)造リフォーム・リノベーションデザイン事例_ホワイトモダンインテリア #00391

キッチン

独立していたキッチンは、スペースを拡大してオープンの対面式に。フルフラットのキッチンはダイニングからの視線を通し、一体感を強調します。そのぶんダイニングからキッチンの様子がよく見えるため、壁面収納を引き戸で覆い、いつもすっきりとした状態を保てるように配慮。冷蔵庫も壁で囲い、生活感のないキッチンに仕上げました。鏡面の収納扉は窓の景色や階段のシルエットを映し、キッチンに奥行きをつくります。

廊下

5階の廊下を増床し、階段の位置を変更。回り込むように部屋に向かう長い廊下には、回廊のような優雅さが漂っています。壁の下地を補強し、お気に入りの絵を飾ることができるように。ギャラリーのような廊下は、通っても、階下から眺めてもうつくしく、豊かな気持ちをもたらしてくれます。既存の腰壁はスチールのフラットバーに替え、上下階からの見通しを高めています。

鉄筋コンクリート(RC)造リフォーム・リノベーションデザイン事例_ホワイトモダンインテリア #00391
鉄筋コンクリート(RC)造リフォーム・リノベーションデザイン事例_ホワイトモダンインテリア #00391

子ども部屋

既存のトップライトと小窓を活かした子ども部屋。成長とともに好みが変わることを考え、どのような家具やファブリックも似合うシンプルなデザインに仕上げました。小窓は階下のLDKとつながっており、ときどき顔を出しては奥さまやご主人さまとおしゃべりを楽しんでいるのだとか。また、廊下には家族共有の収納を十分に設けているため、収納を減らしてスペースを拡大。明るく開放的な子ども部屋は居心地のよさも抜群です。

玄関

既存の階段の壁が視界を遮り、暗く窮屈だった玄関。階段のデザインと位置を変更し、壁の一部をFIXガラスに替えて見通しを高めました。玄関からはリビングの窓まで見通せるほど視界が開け、ぐっと開放感が生まれています。リビングの階段の下は「有効活用したい」というご希望により、腰壁の高さに合わせてカウンター収納を造作。デスクカウンターとしても使用可能で、下部にはお子さまのおもちゃやお掃除ルンバを収納することも可能です。

鉄筋コンクリート(RC)造リフォーム・リノベーションデザイン事例_ホワイトモダンインテリア #00391
鉄筋コンクリート(RC)造リフォーム・リノベーションデザイン事例_ホワイトモダンインテリア #00391

光を通すスケルトン階段

リビング内に位置する階段。吹き抜けを活かし、トップライトの光を行き渡らせるため、階段室で閉鎖的だった階段を軽やかなスチール階段に変更。自然光が手すりや段板の間を通り抜け、階下まで落ちてくるようになりました。軽快なリズムを描くシルエットが空間のアクセントになっています。

白への強いこだわり

奥さまのご希望は、すっきりと清潔な白い空間。壁や天井はもちろん、床には木目がかすかに残る白いアッシュを使用しています。キッチンや収納扉、階段は白でまとめ、ドアの框や階段の段板、カウンター収納の天板には濃いブラウンを使用して空間を引き締めています。

鉄筋コンクリート(RC)造リフォーム・リノベーションデザイン事例_ホワイトモダンインテリア #00391
鉄筋コンクリート(RC)造リフォーム・リノベーションデザイン事例_ホワイトモダンインテリア #00391

広さを感じる工夫

リフォームの前と後の写真を比べると、増築した、あるいは大幅に間取りを変えたような印象を受けますが、実際の間取りはほとんど変化していません。階段の位置とデザインを変え、ガラスを使って視覚的な伸びやかさをもたらしたことで、より広さを感じられるように工夫しています。

SHARE ON