デザインリフォームならクラフトへ

中古マンションのリノベーションは後悔する? 失敗しないためのポイント | デザインリフォームのクラフト

中古マンションのリノベーションは後悔する? 失敗しないためのポイント
中古マンションのリノベーションは後悔する? 失敗しないためのポイント

中古マンションのリノベーションは、今、多くの方が注目している選択肢です。

マンションを厳選して購入し、独自のデザインでリノベーションすることで、理想の住まいを手に入れられます。この記事では、リノベーションでよくある失敗を避け、成功へと導くためのポイントと、CRAFTのリノベーション事例を紹介します。

中古マンションの購入で後悔しがちな例

中古マンションのリノベーションは後悔する? 失敗しないためのポイント

中古マンションには「コストを抑えられる」「リノベーションで好みの空間にできる」などさまざまなメリットがありますが、後悔するケースも珍しくありません。よくあるケースをご紹介します。

〈1〉将来的に資産価値が下がる中古マンションを購入してしまった

中古マンションの購入を考える際、資産価値がどうなっていくかの関心は大きくなります。資産価値を考える上で重要なポイントが、立地と管理状態です。

立地に関しては、駅からの距離や周辺施設がどれだけ充実しているかが重要です。駅から徒歩5分以内で、近くにスーパーや病院、公園があるような場所は、将来的にも資産価値が下がりにくいといえます。生活利便性が高いエリアは、新しい開発が進む可能性も高く、さらに地域の価値を高める可能性があります。

一方、管理状態については、管理組合の活動レベルや共用部の維持状況が重要です。定期的な建物検査が行われているか、清掃がきちんとされているかなど、建物の長寿命化に直結する情報をチェックしましょう。良い管理状態が維持されているマンションは、新居としてはもちろん、将来的な資産としても価値があります。

〈2〉相場よりも高額な中古マンションを購入してしまった

市場価格を十分に調査せず、相場よりも高い価格で中古マンションを購入してしまうと、「もっと便利で費用も安い物件があったのに」など、後悔につながる可能性があります。

気になるエリアの中古マンションの費用を確認しておき、おおよその相場を把握しておくとよいでしょう。

〈3〉住みにくい立地や地域の中古マンションを選んでしまった

立地条件が悪い、交通の便が悪い、犯罪率が高い、または生活に必要な施設が遠い場所に中古マンションを購入すると、日常生活が非常に不便になります。

快適な暮らしには、生活の利便性が欠かせません。特にファミリー層やご高齢の方にとって、近くにスーパー、病院、学校があるかどうかは大きなポイントです。利用する施設が徒歩圏内にあれば、日常生活が格段に便利になります。

急な買い物が必要なときや、子どもが病気になった場合、近くに必要な施設があると安心です。立地や周辺環境は、これから送る生活の質に直結するので、「この場所での生活はどのように便利になるのか?」と具体的に考えて、マンション選びをすることが重要です。

中古マンションリノベーションのありがちな失敗と対策

中古マンションのリノベーションは、多くの落とし穴があります。物件の選び方、スペースの使い方、設備の配置など、影響を与える要素は多いです。

ここでは、よくある失敗例と対策について紹介します。

〈1〉スペースのバランスを間違えて狭い空間に

リノベーションにおいて、間取りの計画は非常に重要です。リビングやダイニング、寝室などの主要な空間のバランスが取れていないと、生活が不便になる可能性があります。

間取り設計は、一口に「良い」や「悪い」と言えるものではなく、個々のライフスタイルに合わせた選択が必要です。自分や家族の日常に合わせて、どの部屋にどれだけのスペースを確保するかを考えるとよいでしょう。

プロの設計士と一緒に、生活スタイルに合った間取りをしっかりと計画することが重要です。家族構成やライフスタイルに合わせて、リビング、寝室、キッチンの面積比を最適化します。

〈2〉そもそもリノベーションができない物件だった

物件選びの段階で、リノベーションの可否を確認することが必須です。一部の古い建物や、特定の管理組合では、大規模なリノベーションが許可されていない場合があります。

リノベーションの制限に後から気づいた場合、計画が大きく狂ってしまうかもしれません。物件選びの際には、管理規約をしっかりと確認し、必要であれば専門家の意見も求めましょう。

〈3〉希望の間取りにできない物件だった

キッチンやバスルームなど、水回りのリノベーションを行う場合、既存の配管の位置が大きく影響します。配管を移動することが難しい場合、希望の間取りにできない可能性も。

購入前に、理想の間取りにするためには配管を動かす必要があるか、また動かせるかどうかを確認することが大切です。配管の移動が必要な場合は、費用も計算に入れ最適な解決策を見つけましょう。

〈4〉コンセントが使いにくい位置に

家電製品の配置をリノベーション前にしっかりと計画することで、後から配線を引き直す手間と費用を省くことができます。リビングやオフィススペースでは、テレビ、エアコン、パソコンなど、多くの家電が集まるため、コンセントの位置が非常に重要です。

事前にどの家電をどこに配置するかを決め、決めた位置に応じたコンセントを計画することで、生活がぐっと便利になるでしょう。細かく配慮できれば、快適なリノベーションを成功させるカギとなります。

中古マンションのリノベーションを成功させるポイント

中古マンションのリノベーションは後悔する? 失敗しないためのポイント

中古マンションのリノベーションは、計画的に行わないと多くの問題に直面する可能性があります。満足できるリノベーションを進める具体的なポイントについて、専門的な観点から説明します。

〈1〉中古マンション購入前にリノベーションの有無と相場を確認しておく

中古マンションの購入を考える際、その物件がリノベーションに適しているかどうかを事前に確認することが非常に重要です。専門家の意見を参考に、物件の状態やリノベーションにかかる費用の見積もりをしっかりと行いましょう。

〈2〉管理規約をチェックしておく

購入前にマンションの管理規約をしっかりと読み、希望の間取り・仕様にできるかをチェックしましょう。

一部のマンションでは、フローリングの材質変更や壁の取り払いなど、特定のリノベーション作業が制限されていることがあります。「カーペットからフローリングへの変更が禁止されている」や「フローリングを敷く場合でも、指定された遮音等級を満たす必要がある」といった制約などが一例です。

詳細なルールを事前に確認することで、後々のトラブルを避けることができます。

〈3〉相談会でプロの意見を聞き、リノベーションの知識をつけておく

リノベーションには専門的な知識が欠かせません。そのため、専門家と話が出来る個別相談会を活用して、最新のトレンドや有用なテクニックについて学びましょう。

プロのアドバイスを直接聞くことで、自分では気づかなかった重要なポイントや新しいアイデアを得ることができ、より理想の住まいの実現に近づけるでしょう。

〈4〉ワンストップリノベーションが可能な会社に依頼する

不動産購入、住宅ローン、リノベーションの設計、行工事、それぞれを別々の業者に依頼すると、手間も時間もかかります。、
さらに設計者と施工業者が異なる場合、設計の意図が正確に伝わらず、最終的な出来上がりがイメージと異なる場合があります。ワンストップで設計から施工、アフターケアまでを一貫して行ってくれる会社を選ぶことで、リスクを大幅に減らすことができます。

CRAFTは中古マンション探しからリノベーション、工事、アフターサービスまでをワンストップで対応しています。

CRAFTの中古マンションリノベーション事例

CRAFTによる中古マンションのリノベーション事例を2つ紹介します。

〈リノベーション事例1〉効率的な動線と美しいデザインの融合

中古マンションのリノベーションは後悔する? 失敗しないためのポイント
リフォーム・リノベーションデザイン事例 #18471

こちらの中古マンションのリノベーションは、居住者の生活スタイルにフィットするように工夫しました。注目すべきは、二重に回遊できる間取りです。

帰宅時には、玄関からサニタリー、そしてキッチンへとスムーズに移動できるように配置を考えました。さらに、キッチンには家事を効率よく行える裏動線を設け、寝室からサニタリー、そしてウォークインクローゼットへも無駄なくアクセスできます。

インテリアにもこだわりがあり、玄関ホール、リビング、キッチンには、お気に入りの小物や器を美しく展示できる飾り棚やガラス収納を設置しています。床には高級感のあるオークの挽板フローリングを選び、サンルームにはアンティーク風のタイルを使用。壁には漆喰や特殊塗装を施し、手仕事の温もりを感じられるように仕上げました。

*関連記事*
マンションリフォームのビフォーアフター10選!モダンで上質な住まいに

おしゃれなリフォーム事例15選!成功させるコツ&失敗しない会社選びも

〈 リノベーション事例2〉開放感と多目的スペースで日常を豊かに

中古マンションのリノベーションは後悔する? 失敗しないためのポイント
リフォーム・リノベーションデザイン事例 #20395

築28年になる静岡県熱海市のリゾートマンションは、週末に夫婦で過ごすための別荘として購入。目的にふさわしい開放感と機能性を兼ね備えたデザインに仕上げています。

玄関を開けると、窓の向こうに広がる海が一望できるように、キッチンをLDKの中心に配置。ダイニングテーブルも横並びにすることで、家のどこにいても山と海を感じられる空間が広がります。

さらに、LDKには書斎と客間を兼ねた多目的スペースを設け、日常使いも考慮に入れました。デザイン面では、ブラウンを基調とし、窓や間仕切りにはウッドシャッターを採用。南国リゾートを彷彿とさせる暖かみと開放感を持たせた空間に仕上げています。

〈まとめ〉

中古マンションリノベーションの成功の鍵は、事前の調査、適切な業者選び、そして専門的な知識です。不動産選びもリノベーションも、どちらも同じくらい大切だと考えて良いでしょう

デザインリノベーション専門のCRAFTは、物件探し〜リノベーション〜施工〜アフターメンテナンスまで一貫して対応が可能です。全てをお任せいただけるため全ての進行がスムーズで、リノベーション後に後悔するリスクが格段に低くなります。リノベーションをお考えの方は、CRAFTにぜひご相談ください。

中古物件購入+リノベーションについても詳しく解説しています。

SHARE ON