fbpx
デザインリフォームならクラフトへ

お客さまインタビュー「物件購入前に、リノベプランと費用感を知ったから決断できた」 | デザインリフォームのクラフト

お客さまインタビュー「物件購入前に、リノベプランと費用感を知ったから決断できた」
中古マンション購入+リノベーション

CRAFT ESTATEのワンストップサービスで、中古マンションを購入しリノベーションしたSさん。「購入前にリノベーションでできることや費用感を提示してもらえたから、買っても大丈夫だと判断した」と話します。不動産担当・設計担当との物件探しのエピソードなどをお聞きしました。

※ご希望により、リノベーション後の室内写真は非公開としています。

物件の購入前に、リノベーションのプロに見てもらうべき

中古マンション購入+リノベーション

CRAFT ESTATE(以下C):都心なのにとても静かな低層マンションですね。高台なので眺めもよく開放的です。

奥さま:ありがとうございます。おっしゃるとおり、希少性の高いマンションをタイミングよく買うことができ満足しています。でもこちらの物件は、私たちだけでは絶対に選ばなかったと思うんです。

C:…とおっしゃいますと。

奥さま:実は当初は、他の不動産会社さんで物件を探していたんです。理想通りの中古マンションを見つけたので、ひとまず購入して後からリノベーション会社を探すつもりでした。でも主人が「念のため、購入前にリノベーション会社に物件を見てもらおう」と。CRAFT ESTATEさんに電話をしたら、さっそく翌日に現地を見てくださいました。

C:リノベーションでできることや費用感を知らずに購入するのは、確かにリスクが高いですね。

奥さま:そうなんです。私たちは「リノベーションで壁を撤去してリビングを広くしよう」と思っていたけれど、実際に見てもらったら構造壁で撤去できないことがわかりました。水回りも希望の位置にできなかったので、結局購入はやめました。

このときに「リノベーションのプロに見てもらってから購入を検討すべき」だと気がついたんです。

C:おっしゃる通りで、リノベーション前提の購入なら「リノベーションで何ができるか」「費用感」がわかって検討するのが当然だと思います。ただし、不動産会社で物件を内見した後にリノベーション会社に相談していると、よい物件はその間に売れてしまうリスクもあります。

だから私たちは「リノベーション会社に物件探しを依頼するのがよいのでは」と、物件探し+リノベーションのワンストップサービスを始めたんです。

中古物件購入+リノベーション事例

候補外だった物件。リノベのアイデアを聞いて購入することに

C:SさんはCRAFT ESTATEの考えに共感し、そこからは物件探し〜リノベーションを任せてくださいましたね。

奥さま:はい。この出会いは本当に運がよかったと思っています。一緒に4〜5件ほど内見しましたが、基本は不動産担当と設計担当の方が同行して専門的なアドバイスをくださいました。お二人のお話を聞いていると、物件の見方や印象が変わって毎回の内見がすごく楽しかったです。

中古マンション購入+リノベーション

奥さま:最終的にこちらのマンションを購入したのですが、実は当初は候補外だったんです。とにかく天井が低いし、全体的に暗い印象で、北向きなので寒さも感じました。「立地はベストなのに残念..」と思っていたら、設計担当の方がプランについて話してくださいました。「最上階だから天井を上げられそうです」「白を基調にして間仕切りをガラスにし、自然光が広がるように」「インナーサッシで寒さ対策をしましょう」など、私たちの不安を払拭するアイデアが次々に出てきたので驚きました。

「やめておこう」と思っていた部屋が、自分たちの好みになるとわかってすぐに購入。その際もリノベーションの予算感を教えてくださり、費用的にも納得することができました。

中古マンション購入+リノベーション

C:物件購入とリノベーション計画を同時に進めたことで、リノベーション費用も一緒に低金利の住宅ローンで借り入れることができた点もお得だったと思います。申請時にリノベーションの見積書が必要なため、今回のようにリノベーション会社の物件探しじゃなければ対応できませんでした。

奥さま:そんなメリットがあることも知りませんでした。手取り足取り…と言ったら大げさですが、資金計画のことも、税金のこともとても丁寧に教えてくださいました。

でもなにより嬉しかったのは、担当の方が誠実に物件を探してくださったこと。やりとりを通して「物件を売りたい」のではなく「理想を叶えられる物件を紹介したい」という気持ちが伝わってきました。

立ち止まったり迷ったりすることもありましたが、急かすことなく、私たちのペースに合わせてくださって本当に感謝しています。

「リノベでできること」「費用感」を知ってから購入を検討すること

C:最後になりますが、これから中古物件を買ってリノベーションする方に、アドバイスをお願いいたします。

奥さま:「リノベーションでできること」「リノベーションの費用感」を聞いてから、その物件を購入すべきかどうかを検討することでしょうか。もし私たちが最初に決めたマンションを買っていたら、希望通りの間取りにリノベーションできずに後悔していたと思います。いま心地よく暮らしているこのマンションも、「イメージと違う」と切り捨てていたでしょう。

ですから繰り返しになりますが、「リノベーションでできること」「リノベーションの費用感」を知ってから購入を検討することがとても大事なことだと、自分の経験を通して強く感じています。

これから物件購入する方は、そのあたりをしっかりと意識されるとよいと思います。

中古物件購入+リノベーション事例 モデルルーム相談会
CRAFT 編集部

<著者>CRAFT 編集部

一級建築士・二級建築士・インテリアコーディネーター・一級建築施工管理技士・二級建築施工管理技士・宅地建物取引士が在籍。さまざまな知識を持つプロフェッショナル集団が、リノベーションや物件購入についてわかりやすく解説します。

SHARE ON