fbpx
デザインリフォームならクラフトへ

マンションの窓のリフォームにかかる費用、注意点について | デザインリフォームのクラフト

マンションの窓のリフォームにかかる費用、注意点について
マンションの窓のリフォームにかかる費用、注意点について

マンションの窓リフォームの費用はどのくらい?

初めに、マンションの窓のリフォームにはどれほどの費用がかかるのか、紹介いたします。

窓のリフォームには2種類あります。窓ガラスの交換を行うリフォーム、内窓を取り付け二重窓にするリフォームの2つです。

マンションの窓ガラスの交換を行うリフォーム

窓をリフォームしたいと考える際に、高品質なガラスを使用したいと思うのは自然な発想です。例えば、断熱・防音機能に優れた「複層ガラス」へと交換することもできます。リフォーム使用するガラスの質やサイズによって価格は異なりますが、ストレスなく生活するためには、高品質なガラスを検討するのもよいでしょう。


マンションの窓を二重窓にするリフォーム

続いてガラスの交換ではなく、内窓を設けるリフォームについてです。二重窓、二重サッシとも呼ばれています。主に寒い地方で導入されている二重窓ですが、遮熱・断熱性、防音性、結露を防ぐ効果の高さから全国各地で導入され始めています。費用は次の通りです。

◆大窓:約7~12万円

※3mm単板ガラス、引き違い窓の価格例(工事費別)

費用は導入するガラスの種類、窓の大きさによって異なります。例えば、内窓のガラスを防音合わせガラスへ変更すると、5万円ほど追加になります。

窓ガラスだけの交換よりも割高になりますが、確実に欲しい効果を得られたり、二重窓の最大のメリットである結露を防げる効果を得られたりします。

上記の費用例はガラス、内窓の商品の価格で、ここに工事費が追加になります。
あくまでも一般的な価格で、リフォーム会社により異なります。

マンションの窓リフォームのメリット、デメリットについて

窓ガラスの交換、または内窓の追加など、マンションの窓のリフォームをすることで削減できる経費もあります。

メリット・暖房代を抑え、結露によるカビ発生を抑えられる

窓ガラスを複層ガラス、あるいは内窓にすることで、暖房代を抑え、かつ結露を防ぐことができます。

複層ガラスの構造から、室内の暖気を外に逃がさないようになります。そのため普通の窓ガラスよりも少ないエネルギーで部屋を暖めることができ、暖房の使用を控えることができます。また、室温と外気温の差から結露の発生が起こりますが、複層ガラスは結露を抑えられる構造をしています。その結果、結露による窓枠のゴムにカビが発生しづらくなります。

また、これらの効果は複層ガラスよりも内窓の方がより期待できます。

暖房代を抑え、カビによる空気の汚染を防ぎ、カビの除去代を抑えることができるというメリットがあります。窓ガラスの交換、内窓の追加は費用がかかりますが、長い期間を考えると、非常にお得なリフォームになります。

デメリット・費用がかかる、掃除が大変

最も大きなデメリットは、初期費用がかかるということです。

費用は窓ガラスの大きさ、種類にもよりますが、複層ガラスへの交換は1枚7万円からとなります。二重窓へのリフォームも同様に7万円からとなり、工賃と合わせると高額になってきます。

また二重窓にすると、単純に掃除量が二倍になってきます。テラス、ベランダのない引き違い窓の外側を掃除するとなると、1人では掃除できません。

マンションの窓のリフォームする前に確認すべきこと

マンションの窓のリフォームを行う前に、確認すべきことがいくつかあります。

共有部分と専有部分の問題を確認しましょう

マンションの窓のリフォームは、個人で勝手に依頼を出したり、DIYしたりすることはできません。マンションの窓が専有部分ではなく、共有部分とされているためです。

国土交通省が発表している「マンション管理標準規約」によると、「マンションの窓枠や窓ガラスの『改良』については管理人の了承を得られれば自己負担で実施できる」とされています。

出典:標準管理規約及び同コメント(単棟型)

窓のリフォームを行うための条件は、次の通りです。

・防火・防犯・防音・断熱などの一定の基準を満たしたガラスを使用

・窓のサッシ部分(窓枠)は共有部分のため変更不可

窓をリフォームすることにより、建物の価値が高まる場合であればリフォームを行える可能性があります。また、窓のサッシ部分(窓枠)はマンションの外観を著しく変更することから、リフォームが行えません。

二重窓へのリフォームの場合、元の窓の内側は専有部分のため可能です。ただし、マンションごとに規約が異なるため、確認が必要です。

マンションの窓のリフォームに踏み切る前に、まずはマンションの管理組合に確認を取りましょう。

信頼できるリフォーム会社を選びましょう

マンションの窓リフォームの工期は、1時間~1日となることがほとんどです。また工事と聞くと気になる騒音ですが、あまり大きな音は発生しません。

とはいえ、やはり工事です。マンションへ頻繁に人が出入りしたり、大きなものを運んだりするため廊下を狭くせざるを得ない、という事態が発生します。

そのため、リフォーム作業の開始時間や、窓の工事方法、ガラスの搬入ルートなどを丁寧に説明してくれるような、安心してマンションリフォームを任せられる会社を選びましょう。マンションのリフォーム経験が豊富な会社は、工事の際の注意点や他の住民への配慮など、こちらが気づかない点まで想定し、計画を立てます。

マンションの窓ならではの工事方法や、窓の種類の提案など専門知識も豊富ですので、まずはプロの意見を聞いてみましょう。

ンションの窓をリフォームして生活を快適に

マンションの窓のリフォームを行うだけで、陽射しの熱や紫外線、冬の寒い空気の遮断率が上がります。

マンションの窓ガラスをリフォームするのは高額に感じるかもしれませんが、業者選びや工事の方法を工夫して費用を抑えることも可能です。複数の会社に見積もりを取ってもらい、比較してみましょう。

窓をリフォームすることで、マンション室内の温度を快適に保てるようになります。また、冷暖房の効きが良くなるため節電効果に繋がり、初期費用こそかかりますが、長い目で見れば経済的です。

マンションの窓をリフォームする際は、まずリフォーム会社に相談してみましょう。

CRAFT 編集部

<著者>CRAFT 編集部

一級建築士・二級建築士・インテリアコーディネーター・一級建築施工管理技士・二級建築施工管理技士・宅地建物取引士が在籍。さまざまな知識を持つプロフェッショナル集団が、リノベーションや物件購入についてわかりやすく解説します。

SHARE ON