fbpx
デザインリフォームならクラフトへ

分譲マンションのリフォームはここに注意! 費用相場、成功のコツまとめ | デザインリフォームのクラフト

分譲マンションのリフォームはここに注意! 費用相場、成功のコツまとめ
分譲マンションのリフォームを徹底解説!リフォームできる場所から費用相場、成功させるコツまで

「分譲マンションだから、どこをリフォームしてもいい」と思っていませんか? 実は分譲マンションの「共用部分」はリフォームできないことになっています。

今回は分譲マンションをリフォームする場合の注意点をご紹介。これから中古の分譲マンションを買う方も、ぜひ知っておきましょう。

分譲マンションリフォームのリフォームはどこまでできる?

実際に分譲マンションをリフォームする上で把握しておきたのが「どこまでリフォームできるのか」。マンションにはリフォームできる場所とリフォームできない場所があるため、リフォームの内容によってはやりたいことができない場合も…。分譲マンションのリフォームでリフォームできる場所とリフォームできない場所について解説していきます。

リフォームできる場所

リフォームできる場所

マンションには、自分が所有している箇所である「専有部分」があり、分譲マンションのリフォームで手を加えられるのはこの専有部分のみです。

例えば、

・壁
・床
・天井
・キッチン、トイレ、浴槽などの住宅設備
・柱や間仕切り(建物の構造に影響しないもの)

などは専有部分となり、リフォームすることができます。

リフォームできない場所

リフォームできない場所

マンションには、専有部分以外に、入居者全員が利用する「共用部分」もあります。

代表的な箇所としては、

・エントランス
・階段
・エレベーター

などがあげられますが、

・バルコニー
・窓
・サッシ
・玄関扉
・建物の構造に影響する柱や間仕切り

など、専有部分と思われがちな箇所が実は共用部分だったりすることもあるので注意が必要です。

専有部分はリフォームすることできないため、バルコニーや窓、サッシなどには手を加えられないものとしてリフォームの計画を立てる必要があります。

間取りの変更はできる?できない?

分譲マンションのリフォームでは、部屋を取り込んでLDKを広くしたり部屋を増やすなど、間取りを大きく変更することもできます。

ただし、マンションの構造や規約によってリフォームの内容が制限されることもあるので注意しなくてはいけません。

マンションには、柱や梁で建物を支える「ラーメン構造」と壁で建物を支える「壁式構造」という2種類の構造がありますが、壁式構造のマンションには構造上撤去できない耐力壁があるため間取りの自由度が制限されてしまうケースがあります。

また、規約の内容はそれぞれのマンションによって異なりますが、規約の内容によっても間取りの変更が制限されることもあります。

*関連記事*
鉄筋コンクリートのラーメン構造とは?壁式構造との違いやメリット・デメリット
壁式構造のマンションでも間取りは変えられる? 4つのリフォーム事例からわかること

分譲マンションリフォームの費用相場

分譲マンションをリフォームする上で気になるのが費用相場についてかと思いますが、例えば、70㎡のマンションをスケルトンリフォームするケースであれば「2,000万円前後」が相場となります。

ただ、費用相場は、

・対象となるマンションの広さ
・リフォームの内容
・用いる建材や導入する設備のグレード

など、さまざまな条件によって異なるため、必ずしも2,000万円かかるわけではありませんし、2,000万円以上かかることもあります。

リフォームにかかる費用をハッキリとさせるにはリフォーム会社に見積もりを作成してもらう必要があるので、なるべく早いタイミングで相談して見積もりを算出してもらうようにしましょう。

分譲マンションをリフォームした事例

分譲マンションをリフォームする上で参考にしたいのが、実際にCRAFTで分譲マンションをリフォームした事例です。

事例1. 東京タワーを間近に望む洗練された住まい

事例1. 東京タワーを間近に望む洗練された住まい
デザインリフォーム・リノベーションCRAFT #21152

こちらは、東京にある築12年の分譲マンションをリフォームした事例です。

リフォームを前提に東京タワーが間近に見えるマンションを購入したWさまご夫妻。眺望の良さを活かしつつ、より快適に生活できる住まいにするため、CRAFTにデザインリフォームを依頼されました。

リビングからの眺めの良さを活かすため、隣接していた和室を取り込んでLDKの入り口の位置を変更。リビングのドアを開けると、東京タワーとビルが立ち並ぶ抜群の景色が飛び込んできます。

クローズドタイプだったキッチンを収納力の高いオープンキッチンに変更したり、パウダールームのレイアウトを変更してより使いやすい空間にするなど、快適性にもこだわっています。

事例2. 自然光が気持ちいいこだわりの詰まった空間

事例2. 自然光が気持ちいいこだわりの詰まった空間
デザインリフォーム・リノベーションCRAFT #20300

こちらは、港区にある築13年、150㎡の分譲マンションをリフォームした事例です。

「もっとゆったり過ごせる空間に」というご要望を実現するため、CRAFTでデザインリフォームしました。

3LDKの間取りを2LDKに変更し、独立して配置されていたキッチンをオープンに。ちょっと窮屈に感じられていたLDKは、部屋が一つ減って広くなったのはもちろん、LDKに面する窓が増えたことで、気持ちいい自然光が注ぐゆったりとした空間になりました。

ナチュラルモダンがコンセプトのインテリアは落ち着いた色味が上品な印象をあたえてくれるグレージュに統一したことで、ご愛用のCassinaのソファやBaccaratのシャンデリアがなじんでいます。

分譲マンションをリフォームするときの注意点

分譲マンションをリフォームするときの注意点

分譲マンションのリフォームでは以下の2点に注意しなければいけません。

・事前に管理組合に申請して許可をとる必要がある
・近隣の部屋に配慮する必要がある

それぞれの注意点について詳しく解説していきます。

事前に管理組合に申請してリフォームの許可をとる必要がある

分譲マンションをリフォームする際は、事前に管理組合に申請を行い、リフォームの許可を取らなくてはいけません。

マンションのリフォームは規約に従いながら進める必要があります。

申請なしで勝手に進められるとそのリフォームが規約に反したものでないかどうかを管理組合側が確認することができないので、分譲マンションをリフォームする際は事前の申請と工事申請書の提出が必要になります。

近隣への配慮も忘れずに

マンションのリフォームでは、騒音や粉塵などで他の住民に迷惑をかけることになるため、他の住民への挨拶まわりが必須となります。

挨拶するのとしないのとでは大きく印象が異なるので、多少手間はかかりますが、必ず行っておくようにしましょう。

留守のお宅に対しては、訪問したことと留守だったことを伝えつつ、

・リフォームの期間
・リフォームする時間帯
・リフォームの内容
・緊急時の連絡先

などを記した手紙をポストに投函して対応しましょう。

CRAFTでは管理組合への申請や近隣挨拶を行い、トラブルなく工事を進め、気持ちよくお引っ越しいただけるように配慮しています。

分譲マンションのリフォームを成功させるには?

分譲マンションのリフォームを成功させるには?
CRAFT青山モデルルーム

分譲マンションのリフォームでは

・マンションリフォームの実績が豊富な会社に相談する
・これから物件を購入する場合はワンストップリノベーションの会社に相談する
・分譲マンションのリフォームに活用できるローンの種類と特徴を押さえておく

の3点を押さえておくことでリフォームが成功する確率が何倍にも高まります。

分量マンションのリフォームを成功させるための3つのポイントについて詳しく解説していきます。

マンションリフォームの実績が豊富な会社に相談する

分譲マンションのリフォームで失敗したくないのであれば、実績豊富なリフォーム会社やマンションリフォームを得意としている会社に相談することがとても重要になります。キッチンやトイレなどの部分的なリフォームの実績だけでなく、「フルリフォーム」に対応しているかどうかも重要。

マンションリフォームの実績が豊富な会社は知識やノウハウが豊富なので、より安心して任せられますし、より良い提案を受けられる可能性も高くなります。HPに掲載されているマンションリフォーム・リノベーション事例をチェックし、ご自身の好みにフィットするかどうかを見極めましょう。

*関連記事*
リフォーム会社の選び方〈完全ガイド〉。100%の会社は見つかるの?

これから物件を購入する場合はワンストップリノベーションの会社に相談する

分譲マンションのリフォームを検討している方の中には「これから物件を探してリフォームする予定」という方もいるかと思いますが、その場合はワンストップリノベーションの会社に相談するのが一番です。

物件の紹介からリフォームまで一貫してサポートし、物件探しの際はリフォームの内容を加味した上で最適な物件を紹介してくれます。物件の購入とリフォームをそれぞれ別の会社に相談すると労力がかかる上、「物件の構造的にやりたいリフォームができない」などといったトラブルも。

これから物件を探すのであれば、ぜひCRAFTのようなワンストップに対応した会社に相談するのがおすすめです。

分譲マンションのリフォームに活用できるローンの種類と特徴を押さえておく

ローンを活用してマンションをリフォームしたいと考えているのであれば、分譲マンションのリフォームに活用できるローンの種類と特徴についても把握しておかなくてはいけません。

分譲マンションのリフォームに活用できるローンには、「リフォームローン」と「住宅ローン」という2つのローンがあります。

それぞれのローンの特徴と違いについては以下のとおりです。

リフォームローン住宅ローン
金利高い低い
借入金額少ない多い
借入期間短い長い

基本的には、金利が低くて借り入れ期間が長い住宅ローンの方がおすすめです。

ただ、実際の金利や借入金額、借入期間はそれぞれのローンによって異なるので、そのあたりもよく確認し、比較しながら検討するようにしてください。

*関連記事*
中古マンションのリノベーションでローンは組める?知っておきたい注意点と制度

〈まとめ〉分譲マンションのリフォームは実績に注目して会社を選ぼう

分譲マンションのリフォームでは、リフォームでできることとできないことがあるため注意が必要です。

ただし、リフォームするメリットはとても大きいもの。事例として紹介したケースのように、リフォームによって既存の住宅を素敵な空間に生まれ変わらせることができるので、ぜひ前向きに検討するべきだと言えるでしょう。

リフォームを進めていく上で重要になってくるのが会社選びですが、会社選びはマンションリフォームの実績に注目しながら選ぶようにすると失敗しづらくなるのでおすすめです。

CRAFTは分譲マンションのリフォームの実績が豊富で、物件の購入からサポートさせていただくことも可能。分譲マンションのリフォームをお考えの方は、ぜひ一度ご相談ください。

マンションリフォーム・リノベーション事例一覧

上原 宏介

<著者>上原 宏介

住宅関連のコンテンツ作成を得意とするライター。専門的な言葉や用語が多くわかりづらくなってしまいがちな建築・リフォーム関連の情報をわかりやすくお伝えしています。さまざまな媒体で建築・リフォーム・不動産関連のコラムを多数執筆中。

SHARE ON