fbpx
デザインリフォームならクラフトへ

白と茶のコントラストでクールに | デザインリフォームのクラフト

リフォーム・リノベーションデザイン事例 #00292 神奈川県 横浜市
ハウスメーカーの家リフォーム・ハウスメーカーの家リノベーションデザイン事例 #00292
ハウスメーカーの家リフォーム・ハウスメーカーの家リノベーションデザイン事例 #00292
ハウスメーカーの家リフォーム・ハウスメーカーの家リノベーションデザイン事例 #00292
ハウスメーカーの家リフォーム・ハウスメーカーの家リノベーションデザイン事例 #00292
ハウスメーカーの家リフォーム・ハウスメーカーの家リノベーションデザイン事例 #00292
ハウスメーカーの家リフォーム・ハウスメーカーの家リノベーションデザイン事例 #00292
ハウスメーカーの家リフォーム・ハウスメーカーの家リノベーションデザイン事例 #00292
ハウスメーカーの家リフォーム・ハウスメーカーの家リノベーションデザイン事例 #00292

物件データ

所在地:横浜市 青葉区 / 家族構成:夫婦+子ども1人 / 築年数:4年 / リフォーム面積:150㎡ / 工期:3ヶ月 / 費用:-万円
白と茶のコントラストでクールに

リフォームを前提に購入した築浅の物件を、お好みのデザインにリフォーム。リビング・ダイニングの吹き抜けに横たわる数本の太い梁、隣接する和室の壁が空間を圧迫している印象だったため、和室の壁を撤去し、露出した構造柱の間にルーバーを設け、空間をおだやかに間仕切り。梁は、もともと貼られていた木目の化粧板を撤去し、白く塗装。ボリュームが軽減し、天井と同化したことにより軽やかに生まれ変わっています。シンプルな床・壁・天井ベースに、個性的なL字型のキッチンカウンターとカウンター収納を配置。オープンになった和室のモダンな畳、黒い壁が、LDKをクールに引き締めます。落ち着きのあるインテリアの中にクールなデザインを散りばめ、スタイリッシュな印象に仕上がりました。

間取りは変えず、存在感を抑えた梁や扉で開放感アップ

当初から気になっていたのがLDKの吹き抜けに露出していた太い梁の存在。目立たないように位置を変えることをご希望でしたが、外観のデザインを損なう恐れがあったため、梁に貼ってあった木目の化粧板を撤去して白く塗装し、存在感を抑えました。それに合わせて、リビングから見えるロフトの障子扉を白い扉に変え、枠を白く塗装してすっきりとした印象に。間取りは変えずにデザインの工夫により開放感をもたらしています。白と濃茶をベースにしたシンプルで落ち着いたインテリアに、ややクールな印象を与えてスタイリッシュに仕上げました。

ハウスメーカーの家リフォーム・ハウスメーカーの家リノベーションデザイン事例 #00292

リビング・ダイニング

お持ちのアート作品を飾るスペースを確保し、額の重さに耐えられるように下地を入れました。右側の窓は、LDKのスタイリッシュな印象に合わせて細い窓枠に変更。壁と同色のブラインドを取り付け、窓の存在を抑えて作品が引き立つようにしました。窓枠を細くしたことにより、キッチンの収納をぴったりと置くことができました。

リビング・ダイニング

LDKの吹き抜けに露出していた鉄骨の構造梁は、木目の化粧板が貼られていたことでかえって目立ち、空間を圧迫していました。構造上撤去することができなかったため、化粧板を剥がして白く塗装することでボリューム感を抑えました。上部にも伸びやかさを感じ、心地よく過ごせるようになっています。

ハウスメーカーの家リフォーム・ハウスメーカーの家リノベーションデザイン事例 #00292
ハウスメーカーの家リフォーム・ハウスメーカーの家リノベーションデザイン事例 #00292

キッチン

Eさんこだわりのキッチンカウンターは、重厚感のある人工大理石を使い、白い天板と黒い横板で造作。L字型のシャープなフォルムは、オブジェのような佇まいでLDKに馴染みます。それに合わせて収納カウンターもL字型に造作し、モダンで洗練された印象を与えました。ダイニングに設けた軽食をとれるカウンターは、下部にたっぷりと収納することができます。

キッチン

リビング・ダイニングに隣接していた壁を撤去し、構造上なくせない2本の柱の間に木のルーバーを設けました。空間をゆるやかに仕切ったことで、目線が奥まで通るようになり、開放感が一気にアップ。ルーバーはどこから見てもうつくしいバランスで設置するため、間隔と太さをCGでシュミレートしながら検討していきました。

ハウスメーカーの家リフォーム・ハウスメーカーの家リノベーションデザイン事例 #00292
ハウスメーカーの家リフォーム・ハウスメーカーの家リノベーションデザイン事例 #00292

トイレ

ゲストも利用することが多い2階のトイレ。身だしなみを整えることができるよう、ゆったりとした洗面台を設けました。浮いているようなデザインの人造大理石のカウンター、その上に大きく黒いガラスの洗面ボウルを配置。生活感を感じさせないスタイリッシュなインテリアで、ゲストもくつろぐことができそうです。

その他

プライベートスペースからは、ガラス越しに愛車を眺めることができるようにしました。ゆったりとお酒を飲んだり、ご夫婦で映画を観たり、お子さまが友達と遊んだり。家族が自由に使える遊び心のある空間を設けたことで、自宅での過ごし方の幅が広がりました。

ハウスメーカーの家リフォーム・ハウスメーカーの家リノベーションデザイン事例 #00292
ハウスメーカーの家リフォーム・ハウスメーカーの家リノベーションデザイン事例 #00292

モノトーンのキッチンと
和室がLDKの
クールなアクセント

ご希望は、黒い横板に白い天板を配したモダンなキッチン。このキッチンをインテリアの主役にするため、床には濃茶のフローリングを敷いてコントラストが際立つようにしました。LDKのどこからでも視界に入るオープンな和室は、白と灰色の畳を敷設し、壁の一部に黒のクロスを貼ってクールな印象に仕上げ、LDKのアクセント。所々に辛味が効いた、インパクトのある空間となっています。

収納量を増やしつつ、内部で抜いた構造壁を補強

ダイニングの背面にあった暖炉を撤去して収納を設け、キッチンに収納できない来客用食器や、本などの生活用品をしまえるようにしました。また、和室とトイレの間にはどちらからも使える収納を造作しながら、内部に壁を設けて抜いた構造壁の分を補充しました。

ハウスメーカーの家リフォーム・ハウスメーカーの家リノベーションデザイン事例 #00292
SHARE ON