デザインリフォームならクラフトへ

築50年以上の鉄筋コンクリート住宅はリフォームできる?メリット&事例 | デザインリフォームのクラフト

築50年以上の鉄筋コンクリート住宅はリフォームできる?メリット&事例
築50年以上の鉄筋コンクリート住宅はリフォームしたら暮らせる?メリット&事例

築50年以上の鉄筋コンクリート造(RC造)の住宅は、リフォームすることで長く、快適に住み続けることができます。この記事では、築年数の古い鉄筋コンクリート住宅のリフォームのメリットやデメリット、必要な工事、事例などについて解説します。

築50年の鉄筋コンクリート住宅はリフォームで100年以上!

鉄筋コンクリート住宅とは、引っ張る力に強い「鉄筋」と圧縮力に強い「コンクリート」を組み合わせた構造で作られた住宅のこと。

鉄筋コンクリートはRC造とも呼ばれます。RCは「Reinforced Concrete」の略で、直訳すると「より強化されたコンクリート」を意味し、非常に頑丈という特徴があります。

木造や鉄骨造(S造)と比べても高い耐久性・耐震性・防水性を持っており、きちんとメンテナンスを行えば、100年以上安心して住み続けられるといわれています。

建物は適切なメンテナンスで寿命を延ばせる

鉄筋コンクリート造(RC造)の住宅の法定耐用年数は47年と定められていますが、これは建物の寿命ではなく、減価償却費の計算の際に使われる数字です。

建物の寿命はメンテナンスや環境に左右されるため、定期的なメンテナンスを行えば、建物の寿命を延ばすことができます。

鉄筋コンクリートはもともと非常に頑丈な構造であるため、しっかりと事前調査を行い、必要な補強工事などを行えば、この先50年、60年と長く安心して暮らし続けることが可能です。

築50年の鉄筋コンクリート住宅、リフォームか建て替えどっちがおすすめ?

リフォームか建て替えかは、住宅の状態によって判断が必要です。50年もの年月を経ていると、経年劣化や雨漏りなどの影響で劣化が起こり、柱がボロボロになったり、サビが発生したりしていることがあります。劣化や破損の程度次第では、リフォームの方がコストがかさんでしまうケースも。

しかし、しっかりとメンテナンスされた鉄筋コンクリート住宅であれば、建て替えの1/2~1/3の費用でお得にリフォーム可能です。

建物の状態を自分で判断するのは難しいため、経験豊富なプロに相談して、アドバイスを受けましょう。CRAFTでは、リフォームのご相談から資金計画、工事、お引渡しまでワンストップでお任せいただけます。「両親から受け継いだ実家をリフォームできるか知りたい!」など、気になることや疑問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

築50年の鉄筋コンクリート住宅をリフォームするメリット

築50年以上の鉄筋コンクリート住宅はリフォームしたら暮らせる?メリット&事例

住み慣れた家を新しくして住み続けられる

鉄筋コンクリート住宅のリフォーム・リノベーションであれば、愛着のある住み慣れた家や、両親から受け継いだ思い出の詰まった家にこれからも住み続けることができます。「今までとは全く違うイメージに一新したい」「家の持ち味や風情ある雰囲気を残してリフォームしたい」など、好みやライフスタイルに合わせて理想の住まいをつくりあげることが可能です。

間取りを変更できる

近年は、新型コロナウイルス感染症の影響でおうち時間が増えたこともあり、「広々としたリビング」「ワークスペース・書斎」「機能的なクローゼット」などがトレンドです。築50年以上の建物の間取りや内装が現代のライフスタイルに合わないと感じる場合、壁を撤去して大部屋にする、独立キッチンをオープンにして家族のコミュニケーションの機会を増やすなど、間取りを変更することでより暮らしやすい空間にできます。

鉄筋コンクリート住宅にはラーメン構造と壁式構造があり、構造によって間取り変更時の制限は異なるものの、プランを工夫することで理想とする間取りに近づけることも可能です。

最新設備の導入や内装・外装のグレードアップができる

リフォームにより、憧れていた設備を取り入れることができます。

  • ・ビルトイン食器洗い乾燥機
  • ・引き出し式キッチン収納
  • ・パントリー
  • ・タッチレス水栓、浄水器付き水栓
  • ・タンクレストイレ
  • ・浴室乾燥機
  • ・浴室テレビ
  • ・採風ドア
  • ・電気錠
  • ・モニター付きインターホン
  • ・自動センサー付き照明
  • ・床暖房 など

また、床や壁にタイルを貼るなどグレードの高い素材を取り入れ、ホテルのような上質な空間にすることも可能。ご希望があれば外壁や屋根のやり替え、外構や門扉、ガレージの増設などもできます。最新設備や上質な素材を取り入れて、オーダーメイド住宅のような空間にできることも大きなメリットです。

建て替えの約1/2の費用でリフォームできる

鉄筋コンクリートは建て替え(新築)の場合、必要が高額になりがちです。しかし、頑丈な構造躯体を活かしたリフォーム・リノベーションであれば、建て替えの約1/2〜1/3の費用でリフォームできます。浮いた費用を設備や内装のグレードアップ、ガレージやカーポートなど増設、外構や外壁の改修に回せば、満足度の高いリフォームが可能です。

築50年の鉄筋コンクリート住宅リフォームの注意点

ここからは、築50年の鉄筋コンクリート住宅のリフォームの注意点をご紹介します。。築年数の古い建物のリフォーム・リノベーションに失敗しないためにも、事前にしっかり調査を行い、「必要な工事」を知ることが大切です。

耐震診断・耐震補強

築50年以上の住宅の場合、旧耐震基準であった1981年以前に建てられているため、現在の新耐震基準に適合していません。そのため、ホームインスペクションの上でもし不安があれば耐震診断で不安要素を洗い出し、その結果次第では耐震工事を行う必要も出てきます。

設備の交換

築50年の鉄筋コンクリート住宅のリフォームをフルリフォームする場合、以下のような設備の交換も検討しましょう。

  • ・配管、電気配線
  • ・窓、サッシ
  • ・屋根、外壁
  • ・床や壁
  • ・その他の設備 など

配管の寿命は20年ほどといわれており、劣化した状態のまま使い続けると水漏れや漏電につながることも。フルリフォームでは電気配線の交換も行うため、コンセントの数を増やしたり、位置変更も可能です。

「コンセントの位置が悪かった、もっと数を多くしておけばよかった」などはリフォーム・リノベーションでよくある失敗・後悔といわれているため、この点もしっかり検討しておきましょう。

断熱性・気密性を高める工事

昔建てられた古い住宅は断熱性や気密性が低い建物も多く、断熱性・気密性を高める工事が必要です。

断熱性や気密性の確保は、快適な暮らしのために非常に重要です。これらを高めることは暑さや寒さ対策・結露対策になり、外気の影響を受けにくくなる、カビやダニを防ぐ、建物の劣化を防ぐといったさまざまな利点があります。

築50年の鉄筋コンクリート住宅リフォームの費用相場は?

築50年の住宅の場合、一般的なリフォーム・リノベーション費用相場の平均値は1,000万円〜1,500万円ほどといわれていますが、実際にはこれ以上かかることがほとんどです。リフォーム・リノベーション費用は建物の規模や状態などによって大きく左右されるため、費用を知るためにはかならず見積りを依頼しましょう。鉄筋コンクリートのリフォーム事例を見て、ご自宅の広さや築年数、リフォームでやりたいことに近いものを参考にするのもおすすめです。

1981年5月31日以前に着工された旧耐震基準の住宅で耐震補強リフォームを行う場合、助成金制度を利用できることがあります。制度内容は各自治体によって異なり、事前申請が必要となるため確認してみましょう。

築50年の鉄筋コンクリート住宅リフォーム、会社選びのポイント

リフォーム・リノベーションを手掛ける会社は多くありますが、築50年の鉄筋コンクリート住宅リフォームを行う際は以下の点にチェックして会社を選ぶことが大切です。

  • ・鉄筋コンクリート住宅のリフォーム・リノベーション実績が豊富
  • ・希望を汲み取った上でプランを積極的に提案してくれる
  • ・良い口コミや評価が多い
  • ・一般的な費用相場に比べて安すぎない
  • ・保証やアフターサービスが充実している
  • ・会社の強みや得意分野が自分の希望と合っている

リフォーム会社の選び方については以下の記事でも詳しく解説しているので、よろしければこちらも合わせてチェックしてみてください。

リフォーム会社の選び方〈完全ガイド〉100%の会社は見つかるの?

CRAFTのお客様の声はこちら

古い鉄筋コンクリート住宅をリフォームした事例

ここからは、築年数の古い鉄筋コンクリート をリフォームしたCRAFTの事例をご紹介します。

〈リフォーム事例1〉築40年の戸建てをモダンにリフォーム

築50年以上の鉄筋コンクリート住宅はリフォームしたら暮らせる?メリット&事例
デザインリフォーム・リノベーション事例 #00437

築40年の戸建てをリフォームしました。2階と3階はご夫婦が暮らすスペースとし、1階はトレーニングスペースやミニバー、プロジェクタースクリーンやスピーカーなどを導入し、さまざまな趣味を楽しめる空間に。

築50年以上の鉄筋コンクリート住宅はリフォームしたら暮らせる?メリット&事例

寒さが気になっていたことから、建物全体に断熱材を充填。さらに床暖房の設置やペアガラス&断熱サッシへの交換といった万全の寒さ対策を行い、一年中快適に過ごせるようにしました。

〈リフォーム事例2〉築42年のご実家を暮らしやすくリフォーム

築50年以上の鉄筋コンクリート住宅はリフォームしたら暮らせる?メリット&事例
デザインリフォーム・リノベーション事例 #20278

吉村順三氏が設計した築42年の、300㎡を超える鉄筋コンクリート住宅。家の持ち味はそのままに今の暮らしに合わせてリフォームを行いました。課題であった夏の暑さや冬の寒さに対処するため、窓ガラスとサッシをすべて交換し、断熱材を全体的に充填。併せて屋根の断熱・遮熱も行い、配管も交換して住まい全体の性能を高めています。

築50年以上の鉄筋コンクリート住宅はリフォームしたら暮らせる?メリット&事例

それぞれ独立していたリビング・ダイニング・キッチン・家事室を一体とした大空間のリビングには、家全体をじんわり暖めてくれる薪ストーブを設置。家族が集まる場所を心地よい空間にしてくれます。

〈まとめ〉築古の鉄筋コンクリート住宅のリフォームならCRAFTへ

鉄筋コンクリート造(RC造)は頑丈なため、構造躯体を活かすことでお得に、満足度の高いリフォーム・リノベーションができます。

ただし、経年劣化が生じているため信頼できるリフォーム会社に依頼し、入念な事前調査を行った上で必要な工事を行うことが大切です。

CRAFTでは、築年数の古い鉄筋コンクリート住宅のリフォーム・リノベーション実績が豊富です。リフォーム前の建物調査も実施しているため、状況を見極め、「どんなリフォームが必要か」「おおよその費用感」「建て替えとの比較」などをお伝えできます。お気軽にお問合せください。

鉄筋コンクリート(RC)リフォーム・リノベーションの事例一覧はこちら

SHARE ON