fbpx
デザインリフォームならクラフトへ

フルリノベーション(大規模リフォーム)はいくら? 建て替えと迷ったらひかくすべきこと

フルリノベーション(大規模リフォーム)はいくら? 建て替えと迷ったらひかくすべきこと
フルリノベーションはいくらかかった?新築と比べて費用は高い?

フルリノベーション(大規模リフォーム)は骨組みだけ残し、他の部分を大規模にリノベーションすること。築年数が経過した物件でも、フルリノベーションで大胆に生まれ変わります。しかし、費用相場がわからないと検討の余地がありません。そこで、この記事ではフルリフォームはいくらかかるのか、新築と比べた費用について解説します。

(作成日2023.10.11 更新日2024.4.26)

フルリノベーション(大規模リノベーション)でかかる費用を解説

住宅をフルリノベーションする上で気になるのが、リノベーションにかかる費用について。

CRAFTでフルリノベーションした方の事例を参考にしながら、費用の相場や内訳、新築や建て替えよりも割高になるケースについて解説していきます。

フルリノベーション(大規模リノベーション)でかかる費用相場

フルリノベーションはいくらかかった?新築と比べて費用は高い?

まず大前提として押さえておきたいのが、フルリノベーションにかかる費用はそれぞれのケースで異なるという点について。

住宅のフルリノベーションは、工事の内容や住宅の状態、選ぶ設備や建材のグレードなどによって費用が大きく変化するため、具体的に「〇〇円かかる」と断言することができません。例えば、断熱材や防音材を充填したり、屋根や外壁などの外観部分まで改修するとなると費用がかさむので注意が必要です。

具体的な金額を把握したいのであれば、リノベーション会社に相談し、見積もりを出してもらう必要があります。ただ、事例を参考におおよその相場感を把握することは可能です。

CRAFTの事例を参考に、おおよその相場感を確認しましょう。

事例住宅の種類リフォーム面積費用
#20702マンション 120㎡5,500万円
#21123マンション83㎡ 2,600万円
#20675戸建て90㎡2,800万円
#21414戸建て194㎡4800万円
フルリフォーム・リノベーション

フルリノベーション(大規模リノベーション)でかかる費用の内訳

フルリノベーションはいくらかかった?新築と比べて費用は高い?

ここからは、フルリフォーム(大規模リノベーション)でかかる費用内訳について解説します。

費用の内訳としては以下の通りとなります。あくまでも一般的な相場であり、リノベーション会社や工事内容によって費用が変わる点についてはご注意ください。

※CRAFTは下記が該当しない場合があります。
※フルリフォームのみに対応しています。

屋根・外装100万円〜
内装60万円〜
フローリング100万円〜
サッシ50万円〜
耐震・断熱100万円〜

新築より割高になる可能性はある?

「せっかくフルリフォームするなら間取りを思いっきり変えたい」「無垢の木やタイルなど素材感にこだわりたい」「ハイスペックなキッチンを入れたい」など、設備や内装のグレードアップを考えている場合は、その分、費用が高くなります。

1か所ごとの費用は数十万円〜数百万円ほどでも、それが積み重なると最終的には数千万円を超えることも珍しくありません。

リノベーションで予算が限られている場合は「やりたいこと」に優先順位をつけるのがおすすめです。

・間取り変更
・素材
・設備(キッチンや浴槽など)
・性能(断熱や防音など)

その中で、「譲れないもの」「妥協できるもの」を考えてみましょう。たとえば「リビングは無垢のフローリングだけど、寝室は合板にする」といった方法で、コストバランスをとることもできます。デザイナーに相談しながら優先順位を決めていきましょう。

フルリノベーションとは?大規模リノベーションやフルリフォームとの違いを解説

フルリノベーションは、建物の内装や既存の設備を撤去して骨組みの状態にしてから行う大掛かりな改修工事です。住宅を一度解体して骨組みの状態にしてから全体的に改修していくので、中古物件でもイメージ通りの住まいを実現できるという大きなメリットがあります。

「大規模リノベーション」「フルリフォーム」などと表現されることもありますが、違いはなく、「フルリノベーション=大規模リノベーション=フルリフォーム」と認識して問題ありません。

一方、リフォームとリノベーションには以下のような違いがあります。

・リフォーム:劣化した建物や設備を新築に近い状態に戻す
・リノベーション:間取りとデザインを大きく変更し、住まいの価値を高める

フルリノベーションの3つのメリット

住宅のフルリノベーションを検討する上で把握しておきたいのが、フルリノベーションのメリットとデメリットについて。フルリノベーションするべきかどうかで悩んでいるのであれば、メリットとデメリットの両方を把握して比較しましょう。

住宅をフルリノベーションするメリットとしては、

・理想の住宅を実現できる
・建て替えに比べてコストを抑えやすい
・(中古購入+リノベの場合)物件の選択肢が増える

などがあげられます。

それぞれのメリットについて詳しく解説していきます。

1. 理想の住宅を実現できる

理想の住宅を実現できる点は、フルリノベーションの大きなメリットの一つです。

フルリノベーションは住宅を骨組みの状態にしてから改修していくので、間取りの変更を含め、さまざまなリノベーションに対応できます。住宅の構造などによってリノベーションの内容に制限が出てくることもありますが、注文住宅を建てるときのような感覚で理想の住宅を追求できるのはフルリノベーションならではです。

2. 建て替えに比べてコストを抑えやすい

フルリノベーションは規模の大きな改修工事なので、部分的なリノベーションに比べると費用は割高です。ただ、新築したり建て替えたりする場合に比べると、コストを抑えやすいというメリットがあります。とくに躯体が頑丈な鉄筋コンクリート造や鉄骨造であれば、建て替え費用の約1/2。リノベーションなら既存の構造躯体を活かすため、建物の撤去費用や躯体工事費用をカットできるからです。

コストがかかる新築や建て替えにこだわってやりたいことを我慢するよりも、コストを抑えやすいフルリノベーションでやりたいことを思いっきりやって理想の住まいを実現する方が満足度は高くなります。

3. (中古購入+リノベの場合)物件の選択肢が増える

フルリノベーションを前提に物件を購入する場合、既存の間取りやデザイン、設備にこだわる必要がありません。

そうなると「間取りが合わない」「デザインが好みじゃない」といった物件も候補の一つに。購入する物件の選択肢がかなり広がります。条件が緩和されることで希望エリアで予算内の物件が見つかりやすくなる点は非常に大きなメリットだと言えるでしょう。

フルリノベーションの3つのデメリット

住宅をフルリノベーションする上でメリットよりも重要になってくるのがデメリットです。

住宅をフルリノベーションするときに注意するべきデメリットとしては、以下の3点があげられます。

・費用が高額になりやすい
・工期が長い
・工事中は仮住まいの必要がある

それぞれのデメリットについて詳しく解説していきます。

1. 費用が高額になりやすい

フルリノベーションは、住宅全体を改修する大規模な工事です。住宅の一部や特定の設備を対象にしたものでなく、住宅全体を造り変えていくので、費用が高額になりやすいというデメリットがあります。

費用については事例を含めて後ほど詳しく解説していきますが、数千万円規模のコストがかかるという点は理解しておかなくてはいけません。新築の購入や建て替えよりもコストを抑えやすいのは事実ですが、リノベーションの内容や建物の状態によっては、新築や建て替えと変わらない額になることも。資金計画の立て方や内容がより重要になってきます。

2. 工期が長い

工期の長さもフルリノベーションならではのデメリットの一つです。

フルリノベーションは、既存の住宅を解体して骨組みの状態にした上で改修していくので、どうしても工期が長くなってしまいます。工事の内容にもよりますが、短くても2ヶ月はかかりますし、長い場合だと5ヶ月ほどかかることもあります。

壁や床の張替え、キッチンの交換などの部分的なリノベーションの工事が数日から一週間ほどで完了することを考えると、フルリノベーションの工期はかなり長いと言えるでしょう。

3. 工事中は仮住まいの必要がある

フルリノベーションでは住宅を全体的に改修するので、工事期間中は住宅に住み続けることができません。工事が完了するまでの間は、仮住まいをする必要があります。

工事が完了するまでの仮の住まいとは言え、契約金や引っ越し代などを含めると結構な金額になりますし、工期が長い分、家賃も数ヶ月分用意する必要があります。

資金計画を立てる際は、工事期間中の仮の住まいを借りる際の契約金や家賃も含めながら考えるようにしましょう。CRAFTでは仮住まいやトランクルームのご紹介を含め、リノベーションに関することはどんなことでもサポートしています。

フルリノベーション(大規模リノベーション)の事例

最後に、CRAFTのフルリフォーム(大規模リノベーション)の事例を紹介します。

〈フルリノベーション事例1〉ナラのリブでくつろぎの空間に

フルリノベーションはいくらかかった?新築と比べて費用は高い?
リフォーム・リノベーションデザイン事例 #20702

フルリノベーション ではキッチンをオープンにして小上がりを取り込み、LDKを拡大。インテリアは明るくナチュラルなテイストにしつつ、ナラのリブパネルを中心に質感の異なる木を使用。木の「素朴さ」よりも「洗練さ」が際立つよう、シャープなシルエットを意識したこともポイントです。

リフォーム面積:120㎡
費用:5500万円

〈フルリノベーション事例2〉シンプルかつ洗練された住まいに

フルリノベーションはいくらかかった?新築と比べて費用は高い?
リフォーム・リノベーションデザイン事例 #21123

2つの個室とゆとりあるLDK、リビングの一角には景色を眺めながら開放的に仕事ができる「オープンのワークスペース」も設置。床のグレーのタイルや壁の石をアクセントにしながらも、ミッドセンチュリーの家具や照明、アートが際立つシンプルなデザインを採用。インテリアも自在に変更できるよう、家具を自由にレイアウトできる「余白」を重視しました。

リフォーム面積:83㎡
費用:2600万円

フルリフォーム・リノベーション

フルリノベーションの注意点


実際に住宅をフルリノベーションする際は、以下の点に注意が必要です。

・実績豊富なリノベーション会社に依頼する
・工事中のトラブルに気をつける

それぞれ詳しく解説していきます。

実績豊富なリノベーション会社に依頼する

住宅のリノベーションを行っているリノベーション会社はいくつもありますが、会社によって得意としている工事の内容が異なるため注意が必要です。

例えば、マンションのリノベーションを得意としているところもありますし、フルリノベーションが得意で実績が豊富という会社もあります。

フルリノベーションを得意としていて実績が豊富な会社は、住宅のフルリノベーションに関する知識やノウハウが豊富。フルリノベーションについて相談するのであれば、断然フルリノベーションの実績が豊富な会社に相談するべきです。

工事中のトラブルに気を付ける

住宅のフルリノベーションでは、さまざまなトラブルが発生します。

・駆体の劣化がひどく補修が必要
・住宅を購入後に「やりたいリノベができない」と発覚
・近隣からのクレーム

ただ、「駆体の劣化がひどく補修が必要」「住宅購入後にやりたいリノベができないと発覚」というトラブルは、住宅の購入からサポートするワンストップリノベーションで依頼すれば避けられます。CRAFT ESTATEのワンストップサービスでは、物件見学に不動産とリノベのプロが同行。その場でリノベでできることや、費用感をお伝えします。もしリノベーション費用がかなりかかるほど状態が悪かったり、希望のリノベーションができないようなら正直にお伝えするため安心です。また、リノベーション工事前は近隣へのご挨拶、また工事中の騒音対策を徹底しています。

トラブルを避けるためにも、実績豊富できめ細かな対応ができるリノベーション会社に依頼しましょう。

〈まとめ〉フルリノベーション(大規模リノベーション)で理想の住まいに

フルリノベーション(大規模リノベーション)は工事の内容によって費用が高くも安くもなります。費用感を知る場合は、各社のリノベーション事例を参考にして「どのような内容で、どのくらい費用がかかっているのか」をチェックしたり、実際にリノベーション会社に見積もりを取るなどしましょう。

フルリノベーション専門会社のCRAFTでは、1982年の創業以来、マンション・戸建ての多数のフルリノベーションを手掛けてきました。これまで培った構造の知識と経験を活かし、高級感のある上質な空間に一新。フルリノベーションに関しては、ぜひCRAFTへご相談ください。

フルリフォーム・リノベーション モデルルーム相談会
CRAFT 編集部

<著者>CRAFT 編集部

一級建築士・二級建築士・インテリアコーディネーター・一級建築施工管理技士・二級建築施工管理技士・宅地建物取引士が在籍。さまざまな知識を持つプロフェッショナル集団が、リノベーションや物件購入についてわかりやすく解説します。

SHARE ON