fbpx
デザインリフォームならクラフトへ

一戸建てのリフォームでできること。新築のように生まれ変わる? | デザインリフォームのクラフト

一戸建てのリフォームでできること。新築のように生まれ変わる?
一戸建てのリフォームでできること。新築のように生まれ変わる?

一戸建てのリフォームでどこまでできる?

住まいのリフォームは、大きく分けて、マンションのリフォームと一戸建てのリフォームに分けることができます。区分所有のマンションに比べ、一戸建てのリフォームはできる範囲が広いのが一般的です。マンションの場合、サッシやバルコニーなどの共用部分はリフォームできず、また専有部分についても管理規約による制約があります。

一方、一戸建てのリフォームの場合は、建築基準法の範囲で自由な設計が可能。建物のすべての部分に手を加えることができるので、「どの部分を残すか」と考えるほうがイメージしやすいかもしれません。壁紙の貼り替えや設備の交換などの内部リフォームや、屋根の葺き替えや外壁塗装などの外部リフォーム、さらには、構造部分の耐震補強も可能です。

つまり、予算さえ許せば一戸建てをリフォームによって、新築に限りなく近づけることができます。

一戸建てのリフォームなら、様々な要望に対応できる

様々な要望に対してフレキシブルに対応できるのが、一戸建てリフォームのメリット。家族の年齢や構成の変化によって、住まいへ求めるものは変化していきます。子供が小さい時は、部屋数よりも大きなLDKのほうが生活しやすいけれど、成長するにつれて集中して勉強できる個室が必要になることも。また、親と同居することになった時には、「あと一部屋ほしい」という要望もでてくるでしょう。

それらの要望に対応でき、さらに自由度の高いリフォームも可能です。2、3階の建物で、部屋数を減らして開放感のあるリビングにしたい場合には、上階の部屋の床を取り払って吹き抜けを作ることもできます。浴室を広くつくり替えたり、ウォークインクローゼットを設置したり、設計次第で生活スタイルの変化に合わせて理想的な空間を実現可能です。

ただし、一戸建てのリフォームは構造的な制限に注意が必要

一戸建ての構造には様々なものがあり、それらの特徴により、リフォームの内容に制限があることを知っておきましょう。木造在来工法と呼ばれる柱で支える構造の場合、建物を支える構造柱を抜くことができません。また、壁の中には筋交いという耐力壁がある場合、それを撤去するには、別の場所で補強する必要があります。

2×4工法は、基本的には”壁を撤去することは難しい”、と言われている。しかし、構造計算のうえでまぐさや梁で補強すれば可能です。鉄骨造やRC造の場合、構造部分以外は比較的自由に変更可能ですが、減築など構造部分の形を変える一戸建てのリフォームは難しいと言えるでしょう。

どの構造でも言えることは、「費用をかければ、およそできないことはありません。しかし、工事が大規模になるほど、また内装や設備にこだわるほど建て替え費用と大差ない」ということ。そういう意味で一戸建てのリフォームを行う場合には、構造的な制限を理解した上で要望とコストのバランスを考えたプランが大切です。

SHARE ON